セルビアの歴史

ビザンチン帝国(東ローマ帝国)の版図から脱し、1171年に成立した中世セルビア王国が、国家としてのセルビアの始まりです。この国は、14世紀にはバルカン半島最大の大国にまで拡大しました。しかし同時期、東方ではオスマン帝国が勃興していました。両国はコソボの戦い(1389年)で相対し、セルビアは敗北。これをきっかけにオスマン・トルコ帝国による征服がみるみる進行していき、1459年に国家としてのセルビアは...

セルビアの正式名称はセルビア共和国で、初めてセルビアができたのは1171年のセルビア王国です。その後セルビア帝国、セルビア公国と経ましたが、1459年に当時勢力を拡大していたオスマン帝国に滅ぼされました。オスマン帝国の支配に耐えたセルビアは、1817年に再度セルビア公国を建国し、オスマン帝国の下ではありますが、自治権を得ました。その後オスマン帝国から完全に独立し、1912年にオスマン帝国を滅ぼし、...

年代出来事紀元前1世紀2世紀3世紀4世紀5世紀6世紀7世紀7世紀初め現在のセルビアの地域に、6つの部族が分かれて居住を始める8世紀9世紀10世紀11世紀12世紀1171年ネマニッチ朝セルビア王国の建国13世紀1217年ステファン・ネマニッチが教皇ホノリウス3世により戴冠される1219年セルビア正教会の成立14世紀1349年セルビア皇帝ステファン・ドゥシャン※により、ドゥシャン法典が制定される。※ド...

日本とセルビアの交流は明治時代にさかのぼります。1882年にセルビア国王ミラン1世が日本の明治天皇に書簡を出し、同年成立したセルビア王国の国王に即位したことを伝えたのです。そして明治天皇がこれに返書。新興国セルビアを国家として承認しています。この書簡のやり取りは日本で明治維新が起きて15年後のことだったので、日本もセルビアもお互いに近代国家としてスタートしたところでした。ユーゴスラビアと日本の関係...

トップへ戻る