セルビアの国旗の意味・歴史

0_flag_national_serbia.png

 

デザインの意味

セルビアの国旗は上から赤・青・白の横縞3色を配し、中央・旗竿よりに国章が配置されたデザインになっています。それぞれの要素の意味合いは以下の通りです。

 

色の意味

赤:尊い血の犠牲
青:澄んだ空
白:まばゆい光明

 

国章の意味

双頭の白ワシ:東ローマ帝国を象徴
ワシが抱える盾:セルビア国民を象徴
十字架:セルビア正教会
4つの火打鉄:Cの字とされ、「団結のみがセルビア人を救う」というセルビア語の言葉の頭文字から来ている。

 

歴史

セルビアは元々セルビア・モンテネグロという連邦国家の1国であり、独立したのは2006年と最近のこと。国旗が制定されたのもその4年後の2010年とかなり最近のことです。しかしこの国旗そのものは独立以前の連邦国家時代から存在し、ワールドカップなどでもセルビア人により使われていました。ロシアの国旗が参考にされており、三色部分を逆さまにするとロシアの国旗と同じ配色になります。

 

第二次大戦中、ドイツ占領下のセルビアではチトーなど人民解放軍(パルチザン)による抵抗運動が展開されていました。ドイツが連合国に敗れた後は、チトー主導でセルビア、モンテネグロ、クロアチアなどバルカン半島の国々が束ねられ、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国という国が成立します。チトー亡き後にユーゴスラビア連邦共和国が成立(1992年)、後に改称しセルビア=モンテネグロが成立(2003年)します。そして2006年にセルビア・モンテネグロが解体したことで、独立国家セルビア共和国が成立しました。

トップへ戻る