セルビアの基本地理

デザインの意味セルビアの国旗は上から赤・青・白の横縞3色を配し、中央・旗竿よりに国章が配置されたデザインになっています。それぞれの要素の意味合いは以下の通りです。色の意味赤:尊い血の犠牲青:澄んだ空白:まばゆい光明国章の意味双頭の白ワシ:東ローマ帝国を象徴ワシが抱える盾:セルビア国民を象徴十字架:セルビア正教会4つの火打鉄:Cの字とされ、「団結のみがセルビア人を救う」というセルビア語の言葉の頭文字...

デザインの意味赤色の盾:セルビア国家の象徴。また盾内の文様はセルビア国民を象徴。冠:セルビア王国の王冠を表す。国章の歴史15世紀ころのセルビアの国章には、現在使われている赤色の盾のみとなっていましたが、その後、セルビア地区は東ローマ帝国の影響を大きく受けることとなります。現在の国章にも登場する双頭の鷲は、東ローマ帝国の象徴を表しており、国章にも大きな影響を及ぼすこととなりました。その後、1882年...

トップへ戻る